温浴施設からレジオネラ菌、廿日市基準値の10倍-広島県

2017/04/29付の中国新聞によると、廿日市市は28日、同市宮浜温泉の温浴施設「宮浜べにまんさくの湯」で、基準値の10倍のレジオネラ菌が検出されたと発表した。検査結果が判明した27日夜から営業を休止し、配管の洗浄、消毒を進めている。 市観光課によると、露天岩風呂の水から基準値の10倍のレジオネラ菌が検出された。他の浴槽からは検出されなかったという。
記事掲載誌 中国新聞 掲載日 2017年4月29日 記事番号 1303