レジオネラ肺炎男性死亡/温泉施設以外で感染か-宮崎県

2017/03/07付の宮崎日日新聞によると、宮崎市は6日、市内の60代男性がレジオネラ肺炎で死亡したと発表した。 健康支援課によると、男性は3日にレジオネラ肺炎と診断され、4日に死亡した。男性は免疫力が低下する持病があった。男性は発症前に外出しておらず、市は温泉施設以外で感染したとみて、男性宅の風呂など生活環境を近く調査するという。
記事掲載誌 宮崎日日新聞 掲載日 2017年3月7日 記事番号 1293