レジオネラ症:57歳男性死亡 八幡東の医療機関-福岡県

2016/09/15付の毎日新聞地方版によると、北九州市は14日、八幡東区の医療機関で受診した鹿児島県在住の男性(57)がレジオネラ症の肺炎で死亡したと発表した。レジオネラ症による死者は市内で今年2人目。同症の発生届は今年15件目。 男性は仕事で訪れていた5日、40度台の熱とふらつきがあり入院、レジオネラ症の疑いで治療を受けていたが8日に死亡。14日検体からレジオネラ属菌が検出されたという。
記事掲載誌 毎日新聞地方版 掲載日 2016年9月15日 記事番号 01279