レジオネラ菌基準値上回る山梨市営温泉営業中止-山梨県

2016/08/19付の山梨日日新聞によると、山梨市営温泉施設「鼓川温泉」の浴槽から国の基準値を上回るレジオネラ菌が検出され、施設が営業を中止していることが18日分かった。 市観光課によると、定例の水質検査の結果、2カ所の内風呂から基準値を上回るレジオネラ菌が検出されたと業者から17日に連絡があり、同日中に営業を中止したという。今後、峡東保健福祉事務所の指導を受け、浴槽や配管などを清掃する。施設は2001年にも基準を超えるレジオネラ菌が検出され営業を一時中止したことがある。
記事掲載誌 山梨日日新聞 掲載日 2016年8月19日 記事番号 1272