平塚市総合公園の研修所からレジオネラ属菌-神奈川県

2016/08/04付の神奈川新聞によると、平塚市は3日、市総合公園宿泊研修所の男子浴槽から基準値の6倍のレジオネラ属菌が検出されたと発表した。 市総合公園課によると、年1回の自主検査の結果が今月2日に判明。同日から男子浴槽の使用を中止、女子浴槽も念のため3日から使用を中止し、設備の清掃や消毒をして再検査の結果、安全が確認できた時点で利用を再開するという。
記事掲載誌 神奈川新聞 掲載日 2016年8月4日 記事番号 01267