市川・レジオネラ症で男性死亡-千葉県

016/06/28付の毎日新聞地方版によると、 県疾病対策課は27日、市川市の男性会社員(59)がレジオネラ菌による肺炎で死亡したと発表した。男性は17日に発熱、その後、嘔吐や呼吸困難の症状が出始め、21日にレジオネラ症と診断されて入院したが、23日に死亡。感染源は特定できていないという。
記事掲載誌 西部読売新聞 掲載日 2016年6月28日 記事番号 1255