秩父の入浴施設でレジオネラ菌-埼玉県

2016/03/26付の東京新聞(埼玉版)によると、秩父市は25日、下郷福祉交流センターの女性用の浴槽から国の基準を20倍を超えるレジオネラ菌が検出されたと発表した。当面の間、センターにある全ての浴槽の利用を中止した。今のところ発症者の報告はないという。
記事掲載誌 東京新聞(埼玉版) 掲載日 2016年3月26日 記事番号 1239