当院において2013年に診断したレジオネラ肺炎10例の臨床像の検討

レジオネラ症は2013年において、全国的に過去に比べて報告数が多かった。特に当院のある宮城県は近年と比べて報告数が増加(2011年16例、2012年27例、2013年65例)した。
当院においても2013年までの過去10年間で40例のレジオネラ肺炎を診断しているが、そのうち10例が2013年の症例であり、その臨床像を検討した。
全例が男性で平均年齢は73.7歳であった。発症時期は4月1例、6月2例、7月3例、11月2例であった。集団発生事例は認めなかった。診断は尿中抗原陽性8例、尿中抗原陰性/喀痰LAMP法陽性が2例であった。培養陽性7例の菌株はSG1が6例、SG6が1例であった。4月から8月までの培養陽性7症例の検体を用いてパルスフィールドゲル電気泳動(PFGE)によるDNA解析を行ったが、症例間の泳動パターンの類似性は認めなかった。
2013年においてレジオネラ肺炎の診断例は増加したが、LAMP法の保険承認など迅速検査法の普及に伴うものではなく、多くは尿中抗原陽性のSG1症例であった。PFGEからは当地域における同一菌株の流行は確認されなかった。


レジオネラ文献, 発症例カテゴリーの記事