喀痰グラム染色でレジオネラ肺炎を疑い診断に至った1例

症例は79歳女性。主訴は意識障害。入院後だい8日病日にVAPを疑う所見が出現。喀痰グラム染色にてレジオネラを疑い、抗菌薬治療を開始。培養検査の結果、レジオネラ肺炎の診断に至った。レジオネラは通常の喀痰グラム染色では染色されず、特殊染色が必須とされている。今回、喀痰グラム染色からレジオネラを疑い、診断に至った1例を経験したので報告する。


レジオネラ文献, 発症例カテゴリーの記事