レジオネラ感染による肺胞上皮細胞の遺伝子発言解析

レジオネラは肺胞上皮細胞に直接感染し、肺胞障害をもたらすが、その機序は充分に解明されていない。本研究ではレジオネラ感染初期の肺胞上皮細胞遺伝子発現の変化について解析を行う。
肺胞上皮細胞(A549)培養細胞にレジオネラ病原性株および非病原性株を感染させた。一定時間感染後に、細胞RNAを回収し、遺伝子発現についてマイクロアレイを用いて検出した。
レジオネラ感染に伴い、多様な遺伝子発現変化が観察された。


レジオネラ文献, 感染機構カテゴリーの記事