温浴施設の微生物汚染の現状と対策

我々の施設で検査した浴槽水のレジオネラ属菌検出率は2001年30%、~2003年13%と低下、その後は2012年まで大きな変動なく10%程度である。浴槽水質における大腸菌群検出率は0.7%(2014年4月~2015年3月)であり、レジオネラ属菌対策の困難さを示している。
設備構造面のポイントは、
①給湯水は60℃以上の供給能力 ②塩素剤などの注入制御設備③浴槽水の回収槽は設けない ④バイオフィルムが付着しやすく除去しにくいろ材を使用しない ⑤行き止まり、滞留配管を設けない ⑥バイオフィルムが付着する隙間をなくす
維持管理面では正確なレジオネラ属菌検査が重要である。PHEの外部精度管理を採用し、正確な検査能力を有する機関での検査が望ましい。培養法は日常管理でレジオネラ属菌が不検出であることの確認に、遺伝子法は除菌洗浄後の不検出確認に使用する。ポイントとしては、
①日常的な洗浄と消毒 ②定期的な科学的除菌洗浄 ③浴槽水の遊離残留塩素濃度の維持 ④温泉水質によってはモノクロラミン濃度維持が有効 ⑤給湯水では末端55℃以上とする などがある。
温浴施設では浴槽水に加えて足ふきマット、シャワーカーテン、シャワー取っ手、床面などの微生物汚染のリスクポイントを把握し、より良い衛生管理に役立てることが必要である。


レジオネラ文献, 防除方法カテゴリーの記事