杵築市営温泉でレジオネラ属菌-大分県

2015/12/29付の西部読売新聞によると、杵築市は28日、市営の山香温泉センターで基準を超えるレジオネラ属菌が検出され、29日から営業を停止すると発表した。市によると、検査は16日に計4か所で行い、28日に男湯の1か所から基準の2倍の菌が検出されるなど、3か所で基準を満たさなかったことが分かったという。市は、施設の消毒や清掃を行うとしている。
記事掲載誌 西部読売新聞 掲載日 2015年12月29日 記事番号 01233