北杜の市営温泉でレジオネラ菌検出-山梨県

2015/12/11付の山梨日日新聞によると、北杜市小淵沢町の市営温泉施設「スパティオ小淵沢」の延命の湯浴槽から国の基準値を超えるレジオネラ菌が検出され、10日から営業を自粛している。県健康増進課によると、同施設を利用した長野県の女性がレジオネラ症を訴えているとの情報により県が同日調査を始め、9日に男湯の室内浴槽などから基準値を超える菌が検出された。このため施設に営業を自粛するよう促したという。
記事掲載誌 山梨日日新聞 掲載日 2015年12月11日 記事番号 01231